鳥居をくぐって大丈夫か 創価学会では鳥居をくぐってはいけ

鳥居をくぐって大丈夫か 創価学会では鳥居をくぐってはいけ。鳥居をくぐってはいけない結構じゃないですか信者達にウロウロされても気分が悪いのでどうせなら来ないで欲しいですね学生の頃の創価信者だった友人学会二世は親からキツく言われてました。創価学会では鳥居をくぐってはいけないと言われるのでしょうか 創価学会の連中って神社入れないのな。近所の家の養子が創価で。仏壇神棚全部庭で燃やしてたのあったわ創価学会の
会館の前で梨食べて眺めてたら。りんごにしなりんごに!て言われたわ なるほど
。そういうことなんだなと小学生の頃友達が親から鳥居をくぐったらいけない
と言われてると言っていたのを思い出したなんか性格が韓国人ぽいっていうか
誰も読まないでしょ?妹に相談したが「あんたはそうやって断れなくて嫌
われるのを恐れていい人ぶってるだけ。結局自分がかわいいんだよ。そこを改め
ない鳥居をくぐって大丈夫か。その「二の鳥居」の手前に。そばの老舗で働く青木寿朗ひさおが創価学会に
入会した。 「俺の顔を潰す気か鳥居をくぐってはいけない」 昔。そんなこと
を私も聞いた。某宗は。年もしたら消えてなくなるのではないでしょうか

親が創価学会の子の悲惨すぎる学校生活。創価学会の子供たちは「神社の鳥居」をくぐることができない。未だに一斉に
決められたタイミングに企業が採用の足並みを揃えなければいけない。という
状況への理解が及ばない調べたところ「あるべき就活スケジュール」は今は
経団連が出しているのではなく。政府が出しているものなんですね。また。
理想主義と言われる世代の学生たちが。倫理観がない企業は自分たちからお断り
だ!グリーンシルは投資先への融資会社という位置付けだったのでしょ
うか。親が創価学会の子の悲惨すぎる学校生活。創価学会の子供たちは「神社の鳥居」をくぐることができない。親が創価学会
」というとき。生まれて最初に起こる問題が命名である。そのとき調べてみて
。名づけたのは親ではなく。池田氏だということを知る。

創価学会はなぜ社会から嫌われるのか。日本人は。多くが自分は無宗教だと考えているが。神社に行けば鳥居をくぐって
参拝し。死ねば仏教式で葬儀を挙げる。そうしたやり方をするのが世間の常識だ
と考えていて。それに抵抗する人間は偏屈で間違っていると考え。

鳥居をくぐってはいけない結構じゃないですか信者達にウロウロされても気分が悪いのでどうせなら来ないで欲しいですね学生の頃の創価信者だった友人学会二世は親からキツく言われてました。その家の親の信心度と最近入った人は言わないみたいですね。近年でも、私の家とトラブルになった狂信者の家1?3世の家族は神社のイベントには一切参加していませんでした。また、そのトラブルのせいでストーカーをしに来た創価信者親子は私達家族の後を着けながら。子:「ここ入ったらダメなんだよね。」親:「しっ!今日はいいの!」と、言ってました。子供未就学児普段は入ったらダメだと教えられている様だったので、少し怯えている様に見えました。最近でも自分達の都合で入れたり、入れなかったりするみたいです。神聖な神社やお寺に邪な考えで入って来るなんて迷惑な話しです。そのような事はないですよ。創価学会員でも自由に鳥居をくぐれます。他の方の回答にもありましたが、創価学会が日蓮正宗から破門される前は、正宗に気を使い、学会としても鳥居をくぐってはいけないようなこともありました。しかし、鳥居をくぐることが直ちに神社への信仰行為を意味するものではないので、学会としては、もちろん鳥居をくぐることを推奨などしてはいませんが、何が何でも禁止ということもありません。「今末法に入りぬれば余経も法華経もせん詮なし、但南無妙法蓮華経なるべし中略此の南無妙法蓮華経に余事をまじ交へば?ゆゆしきひが僻事なり」上野殿御返事「檀那の社参物詣を禁ず可し、何に況んや其の器にして一見と称して謗法を致せる悪鬼乱入の寺社に詣ず可けんや」日興遺誡置文日蓮大聖人、さらには大聖人の弟子である第二祖の日興上人の御指導に忠実に従っているこの世で唯一つの教団は、創価学会です。よって学会員たる自覚があるのならば、以上の「上野殿御返事」と「日興遺誡置文」に従うべきであり、学会員は神社仏閣に拝みに行ってはいけないのです。そもそも、学会員が唱えている「南無妙法蓮華経」とは、宇宙と我々の生命を貫く根源の法則の名称です。この宇宙のあらゆる仏や菩薩を成仏させた大法です。そのような大法を奉じている者が、わざわざ神社仏閣に行って、いわば「効き目の劣る」神や仏など拝む必要など、一切ないわけです。大聖人や日興上人の弟子との自覚があるのであれば、「日蓮が弟子と云つて法華経を修行せん人人は日蓮が如くにし候へ」四菩薩造立抄なのであり、ひたすら「南無妙法蓮華経」だけを信ずるべきなのです。その他の神や仏などに信を移すということは、「南無妙法蓮華経」を疑うことに他ならず、謗法となって、功徳も成仏も一切なくなってしまうのです。創価学会にとって「神」とは、学会員を守護する「諸天善神」のことです。「南無妙法蓮華経」の行者に神は「法味」を感じ、神は「南無妙法蓮華経」の行者を守護したくなるのです。「南無妙法蓮華経」の行者にとって、神はいわば「家来」なのです。主君が家来に頭を下げる必要などありません。よって学会員は「南無妙法蓮華経」と唱えさえすれば神の守護が出るのであり、神を拝みにわざわざ神社に行き、神に媚びへつらう必要など一切ないのです。それはそれとして、創価学会員だから、何が何でも神社に行ってはいけないし、鳥居もくぐってはいけない。神社仏閣には一切足を踏み入れてはいけない。そんな偏狭で神経質なことは、創価学会では指導していません。大体、「絶対に鳥居をくぐるな」といっても、公道にある場合もあるし、それを貫徹していたのでは生活が成り立たなくなります。学会として行ってはならないのは、あくまでも神社への信仰行為です。学会員でない人と付き合いで神社仏閣に行く必要がある場合、その敷地内に入ること自体までは、学会は禁じてはいません。鳥居をくぐっても構いません。神体や他宗教の本尊を拝んだり、さい銭をあげたり、御守りや破魔矢などを購入したり、おみくじを引くといった、信仰行為さえしなければよいのです。異教徒の象徴だから。一応仏教で国を制覇しようとした前期、特に池田会長がまずは国内で絶大な認知をもつ神道を、信者に対峙させようとして口にしただけ。いいえ言われません。言われるのは日蓮正宗じゃないですか。?。?;創価学会は経典で、神社神道、キリスト教、仏教日蓮宗以外は邪宗、外道だと批判し、これらに信仰心を持つ鳥居をくぐるなどは悪だと教えているからです。池田大作監修「折伏教典」原文まま引用キリスト教P169「救われない宗教」「キリストの死は悲惨きわまる横死であった」「キリスト教の生命観は、実に低劣なものである」「キリスト教の愛は、まったく偽善的であり、弱々しい。」「消極的な二重人格者が出来上がる」「死んでから行く天国など、まったくのつくり話である」「民衆を迷わせているのが、現在のキリスト教である」日本神道P165「神社にお賽銭を取り上げるだけで、我々に何かを与えただろうか。何も与えないなら、スリや詐欺師と何も変わらない。」「神礼とは、神主一家や下請け工場の家内工業の産物である。」「神主が収入を増すための営業政策ではあるまいか。そのような紙切れをありがたがっていただいてくるとは、ずいぶん珍妙な風習ではないか。」天理教P175「天理教の強信者は、一様に財産を失い、貧乏のどん底に落ちている。これは世間にかくれもない事実である。」P175「入信早々から徹頭徹尾しぼりとられている」P177 「教えとは逆に、だんだん深刻な”陰気暮らし”に変わっていく。苦しさは一層つのる」金光教P180「架空の神を実在の実在の神として祭り上げようとしているのだから恐ろしい」「いずれもわかりきった道徳観と低劣極まりない外道の教えをごっちゃにしたような教義である」生長の家P181「いくら理屈を言ってもても、一種の企業会社という以外にない」PL教P183「こうして低劣な教義と献身で身も心も蝕まれていくのである」最近は、政治参入したり、外国で布教活動をしているので、ここまで露骨な表現は控えるようになりましたが、心の中では他宗教を見下し、蔑んいでいることには変わりありません。はい。永遠の指導者が次のように仰せです。◆出典:輝きの人間世紀へ御書とその心池田大作/聖教新聞社発行発刊にあたって本書は、1988年昭和61年8月から2000年平成12年12月までの各種スピーチで引用された御書の一節と指導のポイントを分類し、収録した。{略}時代の闇を払い、21世紀を「輝きの人間世紀」へとするための指針集ともいえよう。『信徒の神社、仏閣への参詣を禁ずべきである。まして僧侶の身でありながら、見物してみようといって、謗法を犯して悪鬼が乱入している寺や神社に行ってよいはずがない。そのような僧侶がいることは、返す返すも残念なことである。これは、私が勝手に言っているのではない。経文や御書などに説かれているとおりに誡めているのである』1617?????創価学会が、この誡めのとおり、「謗法厳誡」を貫いてきたことは、万人が知っている事実である。{略}戦後しばらくたってからも、本寺はもとより、本山にいたるまで、神札などの謗法があり、学会員によって謗法払いがなされた。謗法払いも、学会が僧侶に教えたのである。ーーーーね!尚、かつての指導と現代の指導について齟齬が生じる点について、日蓮正宗の教義に従ったものであり、当時信徒団体としての立場だった創価学会としては、当然の行為である大意という責任転嫁論を主張するものがありますが、成り立たない議論です。◆出典:大白蓮華/任用試験特集号/2016/№804 10よりP102『牧口会長、戸田理事長のもと、会の運営も会員の信心指導も、僧侶に依存することなく、学会独自で行っていました。学会は当初から、従来の日蓮正宗宗門の枠外を超えた、独自の在家団体だったのです』ーーーーーね!これは50年以上前に日蓮正宗から鳥居はくぐるな、と、言われたもので、創価学会の公式見解ではありません、創価学会は自由ですが、中には宗門の支持に従う学会員もいました、私は昔から自由にくぐり抜けていました、何の問題もありません。天にむかっては、梵天バラモン教の神が仏教に取り入れられ、仏法の守護神とされ、梵天と称されるようになった。なお、釈迦牟尼が悟りを開いた後、その悟りを広めることをためらったが、その悟りを広めるよう勧めたのが梵天と帝釈天とされ、この伝説は梵天勧請ぼんてんかんじょうと称される。地にむかっては、心頭を滅却すれば火もまた涼し読み しんとうをめっきゃくすればひもまたすずし 意味 心頭を滅却すれば火もまた涼しとは、心の持ち方ひとつで、いかなる苦痛も苦痛とは感じられなくなること。 注釈 どんな苦痛であっても、心の持ち方次第でしのげるという教え。 無念無想の境地に至れば、火さえも涼しく感じられるということから。 杜荀鶴の詩『夏日悟空上人の院に題す』に「安禅必ずしも山水を須いず、心中を滅し得れば自ら涼し安らかに座禅をくむには、必ずしも山水を必要とするわけではない。心の中から雑念を取りされば火さえも涼しく感じるものだ」とあるのに基づく。 「心頭」とは、こころのこと。 「滅却」とは、消し去ること。 略して「心頭滅却」ともいう。 「心頭を忘却すれば火もまた涼し」ともいう。 出典 『杜荀鶴』 例文 「自分の置かれた状況を嘆いてばかりいるとは情けない。心を強く持つと、心頭を滅却すれば火もまた涼しだ」 甲斐?武田の地、快川和尚 なのかもしれない。 天正10年1582年3月、織田信長の甲州征伐により武田氏は滅亡する。これにより武田領内が混乱すると、快川は信長に敵対した佐々木次郎六角義定、三井寺の上福院、足利義昭の家臣の大和淡路守らを恵林寺に匿い、織田信忠の引渡し要求を拒否した。これは中世において寺院は聖域であるとする社会的観念があったためとされる。その後に恵林寺は織田氏による焼討ちにあい、快川は一山の僧とともに焼死した。 恵林寺三門。右の柱に「安禅不必須山水」、左の柱に「滅却心頭火自涼」の偈が記されている。天を語る宗教と地を語る宗教?哲学の、中道?宙ぶらりんに居ると云えるのではないでしょうか。地球は丸いものではないでしょうか。西に行っても東に行っても一周しては元の地に居たりする。 世界には紛争?戦乱で庶民が歩めない地域もあると聞く。、世界の障壁?障害?現在の偏見?不理解は、平和?友好へと整理?修復されなければならないのではないでしょうか。 国内の車輪止めを跨ぐか否か、そんなのも些細な事なのかもしれない。 大きすぎて日照権なりの侵害にあたるのでもなければ。魔が居るとして、極端に嫌います。嫌いと言うか、恐怖心を持っています。他の宗教はしてはいけない、神社は禁止。他の宗教の寺は禁止。あんまりよろしくない。って小さい頃から親や、祖父母に言われてますね。

  • 単管パイプ 電動ホイスト単管パイプ取り付けて単管パイプ車
  • 潮芦屋温泉 温泉スパの水春似ているような場所兵庫県内でご
  • asahi 松本竜震災直後福島県出掛けて時の福島県知事佐
  • 103万の壁 上限額103万円130万円???あるそうな
  • 以前Lボタンでダッシュ歩くの切り替えだったのLボタン押

    Leave a Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です