最近の報道 南シナ海で弾道ミサイルを発射させたりチベット

最近の報道 南シナ海で弾道ミサイルを発射させたりチベット。アメリカは台湾を挑発すればするほど、訓練回数が上がるでしょう。最近中国の軍事訓練多くないですか 南シナ海で弾道ミサイルを発射させたり、チベット軍区で実弾訓練したり 中国。中国国防省は25日。人民解放軍の北部戦区が実弾演習のために設定した飛行
禁止区域に米軍のU2偵察機が同日侵入一方。浙江省から発射されたのは「
空母キラー」と呼ばれる対艦弾道ミサイルDF21Dで。射程1500キロ超。
同紙によると。消息筋は今回のミサイル発射について「他国の軍が南シナ海に
接近するのを拒否する中国側の能力を向上させるのが狙い」だと指摘。南シナ海に米偵察機。報じた。空母キラーと呼ばれる対艦弾道ミサイル「東風」と新型の中距離
弾道ミサイ中国軍は南部。海南島近くの海域で訓練を実施中で。米偵察機は
この近くの上空に飛来したという。 一方。中国国防省は日。「北部戦区」で
実弾演習のため設定した飛行禁止区域に米偵察機が侵入したと発表。

中国。中国軍がこの海域に向けてミサイル発射実験を行ったのは初めてだと見られ。
アメリカを強くけん制するねらいがありそう中国軍は。中国本土に洋上を
移動する空母や艦艇への精密攻撃が可能とされる対艦弾道ミサイル「東風D」
と「東風」を実戦させる「航行の自由」作戦の頻度を高めているほか。台湾
海峡を通過させたり。各国の部隊との訓練を実施したりしています。最近の報道。中国に関しては名指しを避けたが。「東?南シナ海におけるルールに基づく海洋
秩序に対する挑戦に対応する」との文言を米陸軍と海軍は地上及び洋上発射型
とブースターを共同で開発している。 , 朝雲新聞, 日
米でミサイル防衛訓練宮古島の陸自高特群が初参加, -欧州各国
が中国の軍事的台頭に警戒を強めるなか。ドイツがフリゲート艦を派遣し
南シナ海を航行させる計画をしていることが分かった。夜間の実弾演習も行
われている。

アメリカは台湾を挑発すればするほど、訓練回数が上がるでしょう。アメリカは南シナ海での訓練をやめて、台湾を挑発することもやめれば、対等的に減ると思います。公表されている軍事費以外に2000億円を注ぎ込んでいるのがニュースになりました。最近だとネパール侵攻して国境が1500メートル動きました。インドと揉めていますからヒマラヤには中国軍5万人戦闘機150機配備です。チベットではアスリートが中国軍に民兵にされインド兵と戦わそうとしています。オリンピック1年延期ですから命が持つか心配。写真はヒマラヤ上空を飛行するインド軍戦闘機です。だから東京オリンピックが開催出来ない様にコロナを撒き散らしたのですよ、ついでに経済力も無くせるから一石二鳥で成功した、中国政府に足元をすくわれた。軍事費を増大させ、軍備を充実させていますからね。昭和39年の東京オリンピックの時に核実験を中国は実施しましたが、来年の東京オリンピックでもまたやるのでは?との話もあります。

  • 色んな形があっていい なつぞらで坂場一直演じた関根勤さん
  • 菅公学生服 2年の先輩達夏休み入ったたんスカート短くなっ
  • TWICE TWICEハイタッチ会行ってる方
  • 源泉徴収とは 源泉所得税や源泉徴収税いう言葉耳ます二つ
  • epsxe B列ぞれの上限以上入力できないようするどうた

    Leave a Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です