平成29年ワ第33226号 債務不存在確認訴訟の証明責任

平成29年ワ第33226号 債務不存在確認訴訟の証明責任。権利発生原因事実については、権利を主張する者に主張?立証責任があり、権利の消滅?障害?阻止の各事実については、権利を否定する者に主張?立証責任があるという分配論は、債務不存在確認訴訟においても適用されます。債務不存在確認訴訟の証明責任は
どうなりますか 債務不存在確認請求の挙証責任は。以前。以下の質問をしました— 裁判民事訴訟は原告側。被告側。どちらに
立証責任がありますか? //////_/
ある先生の回答原告の請求を根拠付ける事実請求原因平成29年ワ第33226号。すなわち,債務不存在確認請求訴訟において,対象となる債務の発生原因事実は
,被告が主張立証責任を負担する抗弁事実と解されるところ,当裁判所は,平成
29年11月30日,本件を書面による準備手続に付し,同日,交通事故における債務不存在確認訴訟について。ここで。債務不存在確認訴訟とは。「債務者が原告となり債権者を被告として。
特定の債務が存在しないことの確認を求めて提起される確認訴訟を指す。債権者
たる被告が債権発生事実について証明責任を負うので。この訴訟には提訴強制
機能

税務訴訟における証明責任論の再構成はじめに。税務訴訟の本質について。現在の通説的見解は。民事訴訟上の債務不存在
確認訴訟とパラレルに把え。租税債務不存在確認的な訴訟として構成し。訴訟の
対象となるのは更正決定等で確定されている所得額の存否である。としている債務不存在確認訴訟の機能と確認の利益に関する若干の考察出口。また被告の立場からは。債務不存在確認訴訟には。被告は債権の存在の主張?
証明責任を負担する等。応訴の際に給付訴訟の原告と同様の訴訟追行を強制され
るという提訴強制機能も学説上主張されている。さらに。交通事故損害賠償
請求

権利発生原因事実については、権利を主張する者に主張?立証責任があり、権利の消滅?障害?阻止の各事実については、権利を否定する者に主張?立証責任があるという分配論は、債務不存在確認訴訟においても適用されます。権利発生原因事実である債権の成立契約?事務管理?不当利得?不法行為等の要件事実については、被告に証明責任があります。権利消滅事実である弁済?消滅時効等については、原告に証明責任があります。特に金銭債務に関して訴訟物の特定の問題があります。金銭債務の場合には、発生原因と金額によって債務が特定されます。したがって、原告は、これによって債務を特定した上で、その全部又は一部が存在しないことの確認を求めるべきです。債務不存在確認の訴えの利益が認められるのは、被告が原告に対して債務の存在を主張している場合であるから、原告としては、被告の主張する債務額にもとづいて金額を特定することになります。もっとも、損害賠償請求など、被告が債務額を明らかにしない場合には、原告にとって債務金額を特定することが必ずしも容易ではないですねしたがって、訴え提起の段階では、金額を特定しない債務不存在確認の訴えを認めざるを得ないわけです。しかしー訴訟における被告の主張などにもとづいてその後の請求の趣旨を訂正させ、金額を特定させるべきです。例えば、手形金請求訴訟において被告から受戻証券である旨の主張がなされても、引換給付判決をする根拠とはなりません。受戻証券性の主張は、手形債権の内容に影響を持たないからです。ただし、近時の手形学説は受戻しの主張を同時履行の抗弁と同視するので、これを前提とする引換給付判決がなされています。また給付訴訟についていえば、例えば、所有者たる土地賃貸人が賃貸借の終了後も目的土地を明け渡さない賃借人に対して明渡訴訟を提起したとします。請求の趣旨は、目的土地の明渡しですが、それを基礎づけるために複数の請求権およびその原因たる「請求原因事実」が考えられます。第一は、原告の土地所有と被告の土地占有です。この事実からは、物的妨害排除請求権という実体法上の権利が成立し、その権利にもとづいて、原告は被告に対して明渡しを求められます。第二に、賃貸借終了の事実に基づいて賃貸人は賃借人に対して目的物の返還を求める権利を取得し、その権利の内容として、原告は被告に対して土地の明渡しが求められます。紛争の基礎となっている社会生活関係の中ては、この2種類の事実は、別個独立のものではありませんが、実体法上の請求権の発生原因としては、別個のものと考えられます。そこで、実体法上の請求権の個数に着目して、上記の場合に2つの訴訟物が成立しうるとするのが、旧訴訟訴訟物理論であり、判例およびかっての通説はこれを採用し、また現在の実務もこれに基づいて運営されています。ただし、旧訴訟物理論の立場に立っても、原告が訴訟物たる権利について法律上の性質決定をすることは、訴訟物の特定のために必要ではなく、また、仮に特定の権利を主張したとしても、それが裁判所を拘束するものでもありません。原告に求められることは、特定の権利関係を基礎づけるに足る事実を主張することであり、それに基づいて法律上一定の権利が成立し、その内容として請求の趣旨に表示された給付内容が正当化されるものであれば、訴訟物が特定されるということです。なお、現在は新訴訟物理論が学説上では多数説となっています。通常の民事裁判と異なり、被告が一義的には主張立証責任を負います。その立証が十分になされた場合に、それを否定する立証を行うのが原告の立証責任になります。

  • 2015年3月5日 1年で5人以上付き合ったりどちらかい
  • 平成15年度 67000円くらいます価格見合った商品だ思
  • 寝苦しい夏の夜 エアコンの冷房温度夜26度設定で睡眠て
  • MetaTrader かmt4の画面閉じ再度開く表示た物
  • 春暁孟浩然 八首の『春暁』『山亭夏日』の詩形ぞれ漢字4字

    Leave a Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です