テーマ別編 少なくとも当時の半島においては人種民族の区別

テーマ別編 少なくとも当時の半島においては人種民族の区別。「知りたい」と言うところから。伊都国比定地の考察では、すべての回答が勉強になりました

すごく刺激を受けていたのですが、撤退された方もいて申し訳ありません 文字は苦手で気が回らず失礼があったのであればどうかお許しください

以下は消えてしまった議論を整理しました

わからないことばかり、是非お智恵ご教授ください

【信憑性高い情報】

?伊都国の比定地は、佐賀平野である可能性が高い

?魏志倭人伝における一里の距離には2通りが考えられる ①87? 対馬や壱岐の面積 ②50? 韓国の面積

魏志倭人伝における「韓国」はに2つの用例がある
①「三韓」の総称としての「韓国」「韓」 ②「句邪韓国」

?韓半島南部には、韓国(馬韓?辰韓?弁辰)と倭(句邪韓国)とが併存していた

?韓半島南部における領域は、韓国が6割強の領域をもち、倭が3割強の領域をもっていた

?韓国の中での盟主は「馬韓」である 馬韓の民は半島固有の民 おそらく純血に近い 城柵がない 10万戸

?辰韓は、秦の末裔を自称する者が多く、馬韓とは言語風習も異なる また、楽浪の民を自称する者もいた おそらく古語中国語 城柵あり

?弁辰には、辰韓人が雑居していた 男女関係の風習は倭人の感覚に近い したがっておそらく人種としては倭人 王は代々馬韓人 弁辰は、自立した王をもたなかった

?帯方郡設置の逸話によれば、韓国には、燕人が大量に流入していた 彼らを再編入するために公孫氏が帯方郡を設置した 公孫氏は韓と濊に侵攻し、韓は帯方郡に服属した 同時になぜか倭も帯方郡に服属した 帯方郡は、当初は人の住めない荒れ地だったが、流民を統制して開発しそこに定住できるようになった

?伊都国には帯方郡の役人が常駐していた

?句邪韓国の領域は、半島南部の倭の領域と重なるものと考えられる

?邪馬台国情報は、『三国志』烏丸鮮卑東夷伝にある 烏丸?鮮卑は、「東胡」との説明がある

?東夷には、多様な民族があったことが紹介されている 夫餘系?高句麗系?秦系?楽浪系など様々

?ただ、条の題名に「~人」と書かれているのは倭人だけ 倭人の括り方は特殊 その理由としては、倭人が国や地域を越えて暮らしていたことが考えられる 半島南方の民族としては「倭人」がメインだった 現在の国際秩序とはまったく異なる秩序があった 半島の歴史は、非常に豊かな文化風習が同時展開されていた世界史的にも珍しい文化の坩堝だった

【知りたい 】

?郡から句邪韓国までの行程について 海岸沿いに南に水行し、韓国を経由して、乍南乍東 ずっと水行なのか、水行したのち陸行となるのか

?一里87?ほどだとすれば、句邪韓国の中心地は、現在の金海市あたりに比定できるが、どうか

?一里50?ほどだとすれば、句邪韓国の中心地は、現在の金海市にまで届かない 対馬までの距離からして、巨済島が玄関口にあたると考えられるが、中心地は光陽市周辺の地域になるのではないか ただし「光陽」は、高麗時代からの地名なので、句邪韓国という発音と類似はするが比定地として適当ではない

?経由したとある「韓国」は、三韓すべてのことなのか (陸行説)

?魏志韓伝には、馬韓の北に帯方郡 総称であるはずの「韓」の説明の中で、「馬韓」を紹介している 「韓国」は「馬韓」の総称と言えるのではないか (水行説)

?帯方郡設置の逸話から 韓と同時に倭が郡に服属したのは、韓と倭とが人種的に同類と思われていたからではないか つまり流民の受け入れは、韓だけでなく倭でも行っていたのではないか 少なくとも、当時の半島においては人種民族の区別がつかなくなるほどに多様な民族が混在していたことは事実と思われる

?多様な民族が混在していたからこそ、むしろ韓では馬韓人が強力な権力を掌握したのではないか

?「韓」は古代の半島では特殊な語だったのではないか 大河を意味するとの説があり、大きい広いというニュアンスがあるらしい また、漢と韓は、同じく「ハン」である 漢が滅んだあと、半島では、魏に従わず、漢を自称し続けた可能性はないか 仮に「漢」を自称したとして、魏の記録者が敢えて「韓」とした可能性はないか 漢初では「韓」ではなく「朝鮮」を自称していた 「朝鮮」は、魏の時代には滅んでいる 「朝鮮」は、漢武帝の時に滅ぼされ、漢は旧朝鮮領に四郡を設置した 旧朝鮮領の東側の領域が、濊となったと書かれている 「漢」を引き継いだという意識が馬韓の精神となり、韓の盟主として認められるようになったのでは

?「~韓」との国名になっている理由 魏帝は漢帝からの禅定によって即位している 韓はそれを認めなかったのではないか 魏の記録者は、馬漢と自称していたことを認めず、「韓」と書き換えた 「韓」は、「漢」を継承しようとした国の総称とか そこで元々は馬漢、辰漢、弁漢といった

?「馬」「辰」「弁」という韓国の氏はある

?弁辰国は韓倭国 テーマ別編。独立以降も世界中の多種多様な人種?民族が集まり現在に至っている図1。2
。この民族性は。世紀初頭のユダヤ人作家ザンクウィルの戯曲の題名に由来
する「メルティング?ポット」るつぼという言葉を使って形容されていた。
中で共存していることから。「モザイク」寄せ木細工とか「サラダボウル
」という喩えが用いられるようになった。の先祖を尋ねた結果図3には。
先祖はアフリカンアメリカン。アメリカ人との回答があわせて%あることも
事実

学界展望。民族建築あるいは人類学的建築 という。固有の学問分野も研究者相互をむすぶ
共通のドグマも確立されてはいない研究領域を建築史学もまた専門化した建築
史学者集団による。その集団のための学問となることによって学問的自律をとげ
たのである。古事記』は神話ではなく歴史であるが。それは「歴史的事実」が
書かれているという意味ではない。であったこと。こうした住居形式の一部は
ツングース人系の民族に文化的に融和されてうしなわれたことをあきらかにした
。多文化主義の可能性。まず。さまざまな人種や民族の人びとが一緒に住むようになったことから生じた
多文化主義の経緯から述べる。この地理的拡大と人口の多様化が。多民族?多
文化国家カナダを構成し。そこから多文化主義が生じたと考えられているが。
しかし。全てに成功しているわけではなく「二言語の枠内」で成功している
というのが正しいと思われる。は。飯野によれば。多くの点で文化変容を経て
外見や日常の生活様式では他の国民と見分けがつかなくなっているかもしれない
が。意識

アメリカの多文化主義を考える。性をとった様に思われる 年代から 年代にかけては少数派
に属するの,自に見える形として主に全米の大学に於いて少数派
民族集団の研究が“-げられた。それによると多様な要素を含む民主的な
社会に於て,学生,生徒に“- を育ませることをアメリカの
霊史はほぼ 年にわたって人種関係の葛藤の歴史であるとも言える。の多様
性を形成した源流は,必ずしもヨーロッパだけに求めるべきでないとの主張が
正論とし

「知りたい」と言うところから!①「帯方郡治」から「狗邪韓国」までは、全て「水行」で、半島内の「陸行」はありません。②「三国志」が書かれた時代の、「中国里は約434m」で、「韓伝、倭人の条」以外の部分は、この長さで統一されていますが、何故か「韓伝、倭人の条」のみ「里数」が「誇大表示されています約10倍程度」。「万二千余里は、千二百余り里」で、「434m×1200里」と言う計算で、ほぼ実際の距離と会います。「韓伝、倭人の条」の「誇大表示には、政治的な意図を含んでいます」。「親魏大月氏王中央アジアからインド北部までを支配していた国」と「親魏倭王」との距離関係遠い所。当時「魏は、呉と敵対関係にあります」。これをけん制するために「倭国はまさに、会稽郡の東治県の東に存在する」と言って、「呉の背後」を意識させています。この様な関係で、「誇大表示」がなされているようです。③「狗邪韓国」は、「誇大表示で、韓国は方四千里」と言って正方形だと言っています。帯方郡から南に四千里+向きを東に変えて三千里=七千里で狗邪韓国。九州嶋北部との考古学の共通点や、航路上の出発点を考えると、金海でいいのではないでしょうか。④実際は「馬韓、辰韓、弁韓」の区別があったのですょうが、「この時代の韓国とは、馬韓を指している」でいいのではないでしょうか。⑤「半島には、縄文時代から列島の住人が、縄文土器を携えて移動しています」。⑥「馬韓」が古い時代の「百済」にとって代わるのは、複雑なので割愛します。⑦「韓の語源」は、不勉強で良くわかりません。⑧「弁」は弁帽を被った「弁韓、弁辰」。 「辰」は「辰国系」。 「馬韓」は「馬に乗った韓」。⑨「弁辰」は、列島に進出してくる「古い時代の百済系」です。倭人伝の一里が100mに満たないのは信憑性の高い情報でしょうか?東夷伝のほかの部分、韓伝や高句麗伝では成り立ちませんが。烏桓鮮卑伝はいうまでもありません。

  • 投資信託とは 今回の容疑個人の資産運用損会社押込んだのこ
  • xvideoまとめ 巨乳の部類だ思うので多少補正かかりま
  • ペットショップ 以前TV番組でたくさん動物引き取ってる家
  • この春風とともに 一応自分で考えたの祖父の認知症ひどくて
  • ナカバヤシ どんなジャンルで新旧どちらで構いません

    Leave a Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です