サイン攻撃 アタックに見せかけてトスをあげるフェイント

サイン攻撃 アタックに見せかけてトスをあげるフェイント。私も始めて見た時感動しました。バレーボールについて質問です アタックに見せかけてトスをあげるフェイント は前々から打ち合わせをしているのでしょうか それともたまたま みたいなかんじなんでしょうか
(下の動画の 途中にある石川選手がやったやつです )
https://m youtube com/watch v=YxNNAP2zMOQTOP。許されている3回のボールコンタクトのうち。2回目にトスをあげずに攻撃する
ことを「二段攻撃」といいます。主にセッターがセットすると見せかけて。
スパイクまたはフェイント攻撃することを「ツーアタック」といいツーアタックの打ち方とコツ。トスを上げると見せかけて。セッターがフェイント攻撃をしかけるツーアタック
では相手の意表をつけますし。高確率で点をとることができるでしょう。 ツー
アタックのやり方ですが。ボールに触れるまではトスを上げる時の手

バレーボール:バレーボール用語。フェイント スパイクを打つように見せかけて。ボールを指先などで軽くはじき。
ブロックに当てないように相手コートに落とす動作がフェイントです。ツー
アタック セッターがトスを上げると見せかけて回目で攻撃すること。トスフェイント。トスフェイントは2回目のタッチで相手コートを狙うため。ツーアタックとも
呼ばれています。 上半身だけで自分が打つべきかスパイカーにトスを上げる
べきか瞬時に判断し。その状況で最善の手を打つようにしましょう。
バレーボールバレーボールのツーアタックとは。相手ブロッカーに最後までトスアップを意識させて。ギリギリのタイミングで
相手コートに落とすのが最大のバレーボールのツーアタックとは。セッターの
選手がトスを上げると見せかけ。フェイントやスパイクの攻撃を

バレーボール。フェントボールのレシーブを取れるようになる上達のコツ」について「
フェイントでコートの真ん中に落とされるボールに相手アタッカーは。強打と
見せかけたりして。トスを見てフェイントをされるか予測する; アタッカーの
助走と打ち方をみて判断する; レシーブフォーメーションでフェイントカバーする
ブロクの真後ろで。アタックライン位の位置状況2クイックに上げる
かと思ったら。レフトの平行などの低いトスが上がり1枚ブロックになって
しまいクロス側に打サイン攻撃。トスをあげるとみせかけて攻撃するツーアタック。余裕をもってジャンプトス
できる場所にフワッとレシーブすると。ツーアタックしやすいです。ちなみに
この場合は声のフェイントのみで。実際に速攻を使わなくていいと思います。

私も始めて見た時感動しました。こんな事が可能なんだと。多分似たシチュェーションを練習していたのだと思います。そんなシーンを考えて練習するなんて凄い!!としか思えません。石川選手のアタックに見せかけてトスを上げるフェイントは?たまたまでしょう。石川選手のとっさの判断でしょう。?試合ではそうそう見ないプレーではあります。?練習としてはやらないでしょうが遊び的にはやりますね。そもそもバレーは遊びなので良い事だと思いますがね。?このプレーは2通りだと思います。打てないタイミング打っても決まらないと判断して上げる。打てるタイミング打てば決まるかもしれないけど上げる。この動画の場面は後者だと思います。打とうとするフェイントによって相手ブロックは混乱しています。ところが同時に味方のスパイカーもフェイントによって混乱したようです。ものすごい高度なフェイントだったでしょう。?動画だと石川選手が踏み切った時点で、レフトスパイカーは助走を開始する体勢にないです。石川選手が打つと思ったでしょう。トスはこないなと気を抜いた状態のように見えます。よってレフトスパイカーのタイミングがかなり遅れています。結果、動画だと微妙ですが、ネットミスでしょう。相手ブロッカーのその後の喜びようからしても触っていないかなと。?レフトスパイカーは「なぜ打たなかったのだ!」「なぜトスしたのだ!」と言いたかったでしょうね。?この石川選手のプレーは称賛に価すると思います。攻撃力の高さとトス技術の高さの両方がなければ出来ないプレーです。?ただ石川選手が読めなかったのは、レフトプレーヤーの技量でしょう。選択ミスとすれば選択ミス。誰もが石川選手のフェイントを読めるわけではないです。?ちょっとこのプレーとは違いますが、2打目を打つふりをしてトス上げるプレーを日本女子シニア代表でうん十年前にやっていたと記憶しています。中田さんがセッターの時だったかなと思います。1~2年くらいでやめちゃったような。世界には通用しなかったのでしょうね。まあ昔からいろいろ開発するのが日本ですから。?ゼロ攻撃とかいっていたと記憶しています。レシーバーがセッターに返球します。その返球をセッターが触る前に打っちゃう攻撃です。打つのはセンターです。ようはAクイックよりも早いタイミングで突っ込んで打つ攻撃です。Aの前だからゼロだったような。これは攻撃の一つとしてかなり練習を重ねたと。?セッターが触る前に打てばゼロ攻撃として完了。打たずにセンターがトスを上げれば石川選手と同じように打てるタイミングからのトス。ブロックに対してのフェイントとして完了です。もし興味があったら「ゼロ攻撃」とかで検索してみてください。何しろそういえば見たいなあいまいな記憶ですので間違っているかもしれません。打ち合わせというかそもそもこういうプレーを練習でもやってたり、このプレー自体が今は珍しいものではなく普通に見るプレーになってるので2本目を石川選手が打ちにいった時点でトスの可能性があることはチームみんなが分かってることです。チームの方針というただそれだけです。普通にやりますよ?私はセンターでしたがセッターがどんな姿勢であろうと速攻に入ります。セッターはそれをわかってくれているので様々なフェイントをしながらトスを上げます。まぁ、基本トスが上がる前にはジャンプしてるので私には選択肢がそもそもなかったんですがwレベルが高いところで有れば常に自分にトスが上がると思ってスパイクの助走に入っているので打ち合わせていなくても問題なくできます。

  • Lenovo 座席座っていたサラリーマンやけこっち見てく
  • 上級国民の政治家と官僚 税金で食ってる政治家や上級国民贅
  • NFL選手輩出 なぜアメフト偏差値の高い国立大学強いのか
  • 知人が違法薬物所持?使用 所持ているたらどブランドか
  • 写真で一言 写真で一言

    Leave a Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です